ひとこと

2019/09/05

先日、この気功教室は参加費一回300円と何故こんなに安いのですか?という質問がありました。
その理由は、この気功の師の李洪志師父の方針からです。
『この気功を伝える時、それによって名誉や利益を求めてはいけません。したがって講習会を開いて受講料をとってはいけません。』
なので、実際に私も部屋を借りる代金の一部だけを皆さまから頂いております。

この気功は中国伝来の気功で、悠久の昔から伝わるものです。
世界各地で行なわれているため、この気功の教本は、日本語、英語を含めて45の言語に翻訳されています。

またこの気功においては先生は李洪志 師父1人だけで、その他の人は生徒、弟子という関係性なので、わたしも、『爽やか気功体操 静岡』においては、気功についてお伝えする立場にありますが、先生というより、気功を行う同志や仲間という言い方の方が正確かもしれません。
なので、気功を通して、私自身も皆さんと一緒に健康保持はもちろんのこと、自分の心も高めていきたいと考えています。

ご興味のある方はどうぞこの機会に、ぜひ気功に触れてみてください。
身体にも心にも響くものがあるはずです。

2019/08/17

残暑厳しい日が続きますね。
今回は 『爽やか気功体操 静岡』の教室の様子教えてほしいという要望がありましたのでここに書かせていただきます。

教室の流れと致しましては

正念(場の浄化)
気功の動作(約30分)
休憩
瞑想(約30分)
その後は歓談、お茶タイム(自由参加)でこの気功の説明や体験談、質問など、皆でお話して終了です。


また、個人の教室ですので、私が一人で動作の説明から最後まで担当し、夫に設営などを手伝ってもらっています。
静岡では今年の1月から月に1回のペースで始めたお教室ですが、おかげさまで毎回数名の方がいらしてくださり、有り難く思っています。

尚、初めての方には基本の形だけ最初に説明させて頂き、実際に行っていきます。月に1回ですので、徐々に動作などは覚えて頂ければよいですので、無理のない範囲でご参加頂ければと思っています。

どうぞお気軽にご参加ください。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。

2019/07/31

暑い日が続きますが体調を崩されたりしていないでしょうか?
【爽やか気功体操静岡】では五式の功法(五つの動作)を行なっています。今回は動作の主な目的や意味をお伝えします。

①身体のエネルギーの塞いでいる所を疎通させる
②大量にエネルギーを吸収する
③体内の廃棄物を排除し、身体を浄化させる
④次元を高める
⑤神通を加持する
動作は少ないですが、練るものはとても多いのです。

さらに言うと動作だけでなく心を修練する(心性を向上させる)ことが功を伸ばす要だと教本に書かれています。
心の修練とはいろいろな欲望、執着心を捨てること、苦の中の苦に耐えることなどですが、時々教本にも触れて日頃のストレスからくる心の歪みも治しながらこれからも皆様と楽しく行っていきたいと思います。
皆さまのご参加をお待ちしています。

2019/06/24

先日、天童に住む叔母のお見舞いに行き、その翌日、山寺(立石寺参拝コース)に登ってきました。
登山口から山寺随一の眺望を楽しめる五大堂まで約1000段の石段をのぼります。
そびえ立つ奇岩、樹齢を重ねた杉木立を見上げながら、ゆっくりと登りました。
一段登るごとに煩悩が除かれるという石段は静寂の中に心が洗われるようでした。
息子さんに見守られながら杖をつき登っていかれる80過ぎくらいのご婦人をお見かけし、私は内心無理かと思いましたが、五大堂でお見かけした姿は清々しいご様子でした。
健康であればこそ味わえる達成感でしょうか。

この気功は自分で自分の身体のエネルギーを整えて(身体浄化して)強化して健康になる、健康を保つものです。
気功をする時間や場所にもこだわりません。
しっかりと習得すれば家で一人で行うことができます。
『爽やか気功体操静岡』でこの気功を身につけて、健康な身体を作っていただきたいと思います。
多くの方のご参加お待ちしております。

2019/06/07

6月に入りそろそろ新しい職場、新しい学校、クラスに慣れてきた頃でしょうか。
環境が変わるということは老若男女問わずストレスを感じますし、特に対人関係で悩みを抱えていらっしゃる方は多いと思います。
職場で不当な扱いを受けた、学校で仲間はずれにされた、ご近所やママ友から理不尽なことを言われた、状況はさまざまですが、こんな時「一言文句を言いたい!」と思うことがあるかもしれません。

この気功の教本の中に
『トラブルが突然起きた時どのように対処すればよいでしょうか?
平素から慈悲に満ちた、和やかな心を保っていれば、問題が起きた時には、一息おいて余裕をもって適切にその問題に対処することができるのです。
日頃いつも慈悲の心を保ち、善をもって人に接し、何かをする時にはいつも他人のことを考え、問題が起きた時はいつも他人がそれに耐えられるかどうか、他人を傷つけることはないかを考えていれば何の問題も起こりません。』
という箇所があります。

私は自分にトラブルが起きた時、この教本の言葉を思い出すようにしています。
皆さんも参考にしてみてください。
不思議と心が落ち着きますよ。

2019/05/15 5回目を開催しました

5月になり、暑い日が続きますね。
さて、今年の1月から『爽やか気功体操静岡』がスタートし、5月11日が5回目でした。最近の教室の様子を少し書かせていただきます。

以前から気功に興味があり参加してくださった方、何となく体調が優れずいらした方、お友達に誘われていらした方、さまざまですが、終わった後のお茶タイムでは、手のひらがポカポカした、汗が吹き出してきた、両手のひらから気が出ている感じがする、と貴重なお声をいただきました。
この気功は身体を動かすことで身体の気を循環させる内気功ですのでこのように感じられたのだと思いますが、まだ日も浅いのにこの様な感覚がわかるのは驚きです。

お年を重ねた方はもちろんのこと、ストレスの多い現代、若い方でも何となく体調が優れないとか寝つきが悪いなどいろいろな症状がでてきます。
自分で身体の気を動かして体調を整えるこの気功は、今の世の中に必要とされている気がいたします。

『爽やか気功体操静岡』では、皆様のご参加をお待ちしております。

2019/05/06

【令和】も皆様と一緒に爽やか気功体操静岡を行いたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

5/1大阪の葛井寺へ行きました。
紫色のふじの花はすでに枯れかかっていましたが白いふじの花は満開で雨に濡れたふじの花も艶やかでいいですね。

御朱印目当ての人が長蛇の列をなしている一方で、貴重な御開帳の日にもかかわらず千手観音像を参拝する人はちらほらでした。
葛井寺の千手観音像は千の手と千の目を持つ千手千眼観音菩薩です。
私はじっくりと拝顔し、ご縁を感じて帰ってまいりました。

さてこの気功の功法は五式の動作からなっていますが、1番の『佛展千手法』は千手観音の手の動きです。
動作は簡単であっても、やりはじめるとエネルギー場が非常に強いという特殊な感覚を覚えることがありますが、それは全身のあらゆる気の通路を開かせ通じさせたからです。
皆様もぜひ体感してみてください。

2018/3/9 春になりました

先日はお集まり頂きありがとうございました。
季節は春になりました。
新しいことを始める季節ですね。

私が気功を始めたのも春です。
その当時、職場の人間関係に加えて、親の介護の問題などもあり、自分の気持ちを中々言い出せない自身の性格も災いし、ストレスを抱えていました。

何か気分転換になるものを…と考え友人に誘われるままに気功に参加したり、ヨガ、ボルダリングその他の習い事を体験してみました。

気がついてみると結局この気功だけが今も続いています。
その事についてなぜなのか考えてみたのですが、気功を続けることで自分をとりまく状況が少しずつよくなっていたのを実感できたからだと思います。
初めは気功の効果?と考えましたが、気功そのものの効果というより、気功を通して自分を見つめ直した結果、凝り固まった執着を少しづつ手放すことができたのかなと思っています。
少し長くなりましたのでこのつづきはまた次回に書いたり、教室でお話できればと思います。
 
新しいことを始める春、爽やか気功静岡で一緒に皆様と気功できることを楽しみにしています。

2018/1/17 初回をむかえて

先日、2019年1月12日爽やか気功体操 静岡の初回を無事に開催することができました。 お集まりいただきましてありがとうございました。 私自身も以前からご縁のある「静岡」というこの場所で、そしてこのタイミングで、気功体操を行うことの意味を改めて考えた次第です。 
今後もご参加お待ちしております。

powered by crayon(クレヨン)